2つの 英検 。英検 と 英検S-CBT のちがいって何? を分かりやすく徹底解説!

2つの 英検 。英検 と 英検S-CBT のちがいって何? を分かりやすく徹底解説!

大阪府では、公立高校入試のファストパスとして子どもたちのハートを鷲ヅカんでいる 英検 。

広島大学、千葉大学のような国立大学でも、一部 入試に英検が活用され、全国的にもその注目度は高まっている。

それらを見据えて、小学校卒業までに英検2級合格を目指す子も、いまや めずらしくない。

この状況を踏まえて、英検もじわりじわりと変貌している。

英検 の公式サイトにアクセスすると「英検」と「英検S-CBT」の2つの英検があって、ややこしってなるでしょ(笑)

それもこの変貌の一つ。

子どもたちの進学に大きな影響を持つ英検の「イマ」を、英検受験者を多く預かり、英検公式サイトを頻繁に確認する英語塾としての目線と、実際に英検を受験したことがある子どもたちの声を交えて、分かりやすく徹底解説!

この記事は、うちの 英語塾 ABC に通ってくれてる子どもたちや、そのお母さんたちに伝えたい情報を中心に書いている。!注意!この記事は予告なく、更新される(笑)

受験級がちがう

「英検」は、英検1級から5級まで、すべての級を受験可能。

「英検S-CBT」は、英検準1級、2級、準2級、3級だけが受験可能。

試験方式がちがう

「英検」は、新方式の英検S-CBTと区別するために 従来型 英検 などと呼ばれている。

<一次試験>は、紙の問題冊子と、紙の解答用紙に鉛筆でマークするマークシートタイプ。

<二次試験>は、対人の面接形式。

「英検S-CBT」は、受験しやすい英検!を目指して開発された新方式の英検。

すべて、パソコンで解答するタイプ。(ライティングは紙に手書きすることも可)

パソコン、使えるか心配?

英検S-CBTのパソコン操作は意外とカンタン。

スピーキングはヘッドセットを着けて録音する吹き込み式で、リスニングとリーディングはマウス操作だけ。

ライティングはキーボードで入力するか、紙に手書きするか選択できる。

実際の試験画面をチェック!
英検S-CBT: 実際の試験画面
英検S-CBT: 体験版

操作はカンタン!でも、注意が必要!

実は、英検S-CBTを受験したことのある子どもたちの一部は、こんなことを言っている。

コンピュータの反応が悪い、見直しがしにくい、音声トラブルがある、トラブルがあって手を挙げても試験監督官が中々気づいてくれない、操作方法を聞いても教えてくれない。

(詳しくは「どっちの英検を受ける?」で解説するから、今は安心して読み進めてね♪)

どちらにしても、お試し受験が重要

「英検」か「英検S-CBT」か、どちらが自分に合ってるかを見極めるためにも、お試し受験が重要だ。

(詳しくは「お試し受験が重要」で解説するから、ここも安心して読み進めてね♪)

試験日数がちがう

「英検」は、<一次試験>のリーディング・ライティング・リスニングと、<二次試験>のスピーキングと、2回に分けて実施される。

二次試験は一次試験の約1ヶ月後に実施される。

英検公式サイトに、「一次試験と二次試験、2日間の試験です」と書かれてるから、連続した2日間で試験が実施されるんだなと思うかもだけど、ちがう、ちがう、そうじゃ、そうじゃな〜い()だ。

そして、一次試験に合格した人だけが、二次試験を受けることができる。

「英検S-CBT」は、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの4技能を一気に1日で終わらせることができる。

一見、英検S-CBTの方が良さげ?

1日で試験が終わる英検S-CBTの方が、試験が2回に渡ってしまう英検よりも、圧倒的に良いじゃんって思うよね。

でもね、試験が2回に分かれてるおかげで、まずはリーディング・ライティング・リスニングをしっかり対策して、一次試験に合格した後、しっかり二次試験のスピーキング対策をすればいいというメリットもあるのよね。

1日で試験がすべて終わるけど、一気に4技能対策をしないといけない英検S-CBTと、試験が2回に分かれるけど、3技能に集中できる英検。

さあ、どっちがキミにとってメリットか?

ふふ、迷うでしょ(笑)

実施回数がちがう

「英検」は、年3回だけの実施(泣)

第1回第2回第3回
一次試験6月X日10月X日1月X日
二次試験7月X日11月X日2月X日

大学受験や高校入試に利用することを考えると、英検受験のチャンスが年3回しかないと言うのは、心細い。

「英検S-CBT」は、試験の実施日がめっちゃある!試験日を自分で選べる!(喜)

受験級やテストセンター(試験会場)によって、実施日が異なるんだけど、

〔例えば〕次の条件で 英検S-CBT2級・準2級・3級】を受験する場合、

  • 2023年1月
  • 大阪駅前テストセンター(4F)
7(土)8(日)
9(月)13(金)14(土)15(日)
16(月)21(土)22(日)
23(月)27(金)28(土)29(日)

試験日が、こ〜んなにたくさんあるのよ〜♪

〔例えば〕同じ条件で 英検S-CBT【準1級】を受験する場合、

  • 2023年1月
  • 大阪駅前テストセンター(4F)
15(日)28(土)29(日)30(月)

試験日が、こ〜んなに少ない(怒)
それでも「英検」より、実施日が多いの♡

〔例えば〕受験地を変えて 英検S-CBT2級・準2級・3級】を受験する場合、

  • 2023年1月
  • 近鉄奈良駅前テストセンター
8日(日)15日(日)22日(日)
27日(金)28日(土)29日(日)

大阪とエライちがい(驚)

〔例えば〕上と同じ条件で 英検S-CBT【準1級】を受験する場合、

  • 2023年1月
  • 近鉄奈良駅前テストセンター
15日(日)27日(金)29日(日)

準1級はタダでも試験日が少ないのに、大阪に比べてさらに1日少ない(呆)

!要注意!

英検公式サイトに、「英検S-CBTは原則毎週土日実施」と大きく書かれてるから、そこだけを見て浮かれてる日本国民がなんと多いことか。

小さい文字で、「級や地域により毎週実施でない場合があります」と書かれていることも知らずに...。

滋賀県、奈良県、和歌山県で受験する子は、毎週土日実施と思ってたら、痛い目に合うで。

そして 英検S-CBTで準1級を受ける場合、会場がどこであれ、実施日は少ない。

だから!要・要・YO注意!だYO

とは言え、それでも、「英検」より「英検S-CBT」の方が、試験日は多い。

英検 S-CBTの特典

英検S-CBTには特典がある。

《特典1》

同一検定回内で、同じ級を2回受験できる。

同一検定回とは、英検も英検S-CBTも、年3回の検定回と言うものがある。

20XX年度 第1回、第2回、第3回、と言うのがソレ。

英検S-CBTの場合、第1回検定は4月〜7月に、第2回検定は8月〜11月に、第3回検定は12月〜3月に実施される。

第1回4〜7月
第2回811月
第3回123月

〔例えば〕英検S-CBTで 英検2級 を受験する場合、

  • 1回目第1回検定- 5月X日
  • 〈2回目〉第1回検定- 7月X日
  • 〈3回目〉第2回検定- 9月X日
  • 〈4回目〉第2回検定-11月X日
  • 〈5回目〉第3回検定- 2X日
  • 〈6回目〉第3回検定- 3月X日

「英検S-CBT」は年間最大6回、同じ級を受験できる

従来型の英検で同じ級を受験できるのは、どう頑張っても年間3回まで。

ところが英検S-CBTは年間6回も受験できるって言うのよね。

受験生は、何回だってチャンスが欲しいからね。

こんなん、無視できるわけないのよ。

さらに、英検協会はね、受験生のハートを鷲づかみするため、こんな仰天ニュースを発表した。

《仰天ニュース》

英検と英検S-CBTは併願できる!

〔例えば〕英検と英検S-CBTを併願して英検2級を受験する場合、

  • 1回目「英検S-CBT」 5月X日
  • 2回目「英検」 6月X日
  • 〈3回目〉「英検S-CBT」 7月X日
  • 〈4回目〉「英検S-CBT」 9月X日
  • 5回目「英検」10月X日
  • 〈6回目〉 「英検S-CBT」11月X日
  • 7回目「英検」 1月X日
  • 〈8回目〉「英検S-CBT」 2X日
  • 〈9回目〉「英検S-CBT3月X日

「英検」と「英検S-CBT」の併願で年間最大9回、同じ級を受験できる!

《特典2》

試験会場を自分で選べる

「英検」は、協会側が試験会場を決定する。

「英検S-CBT」は、申込時に会場を自分で選ぶことができる。イェ〜イ!

検定料がちがう

(制作中)

英検 S-CBT受験に使える?

「英検」も「英検S-CBT」も、取得した級やスコアは同じものとして扱われる。

だから、「英検」が入試に利用できる学校は、「英検S-CBT」も同様に入試に利用できる。

どっちの 英検 が簡単?

「英検」か「英検S-CBT」か、どっちが簡単かって子どもたちによく聞かれるけど、残念ながら問題数、問題の内容、レベル、採点基準はまったく同じだから、どっちも同じなのよね(泣)

ただ、スピーキングテストは「英検」か「英検S-CBT」かのどちらを選ぶかで、合否に影響が出やすい子がいるのは、事実。

(これについてはまた今度、じっくり語りマス!)

どっちの 英検 を受ける?

実際に試験を受ける子どもたちに、「英検」と「英検S-CBT」、今後どっちを受験するか聞いてみた。

すると、子どもたちの意見は3つに分かれた。

《英検S-CBT、二度と受験したくない派》

英検のマークシート形式に慣れてしまった子が、英検S-CBTのコンピュータ形式を受験すると、いくつかの不自由に遭遇し、二度と受験したくないと思うようになるらしい。その代表的な声が、

「英検S-CBT」は、コンピュータの反応が悪いとか、見直しがしにくいとか、音声トラブルが起きやすいとか、トラブルがあって手を挙げても試験監督官が中々気づいてくれないとか、操作方法を聞いても教えてくれないと言った内容だ。

次に、他人のスピーキングが気になる問題

「英検S-CBT」は、「スピーキング→リスニング→リーディング・ライティング」の順で問題を解いていく。

テストセンターは、1つ1つのブースにコンピュータが置いてあり、ブースとブースの間には仕切りがある。

仕切りがあるとは言え、となりの子の声はしっかり聞こえるから、気になると言う。

メモ

英検S-CBTの多くの問題は、操作方法をよく理解していれば解決できるように思う。

「英検S-CBT: 体験版」での体験を入念にやっておくことが重要ですな。

となりの子の声が気になる問題は、慣れてしまおう(笑)

リスニングの音飛び問題は、「英検S-CBT」だけじゃなく「英検」でもよく聞く問題だよね...。

《英検S-CBTだけを受験する派》

「英検S-CBT」にうまく順応した子は、「英検」を受ける意味が分からないと言う。

「英検S-CBT」は、スピーキングテストの時に緊張しないし、1日で試験が終わることがどれだけラクなことかと。

もう一つ貴重な意見が、コンピュータの場合、マークシートあるあるの段ずれ予防機能がついているそうだ。

解答できてないところに赤いマークがつくらしい。

《英検と英検S-CBTの併願派》

英検と英検S-CBT、どっちもメリット・デメリットあるけど、入試に英検を利用する受験生としては、英検か英検S-CBTのどっちかに絞ったりせず、柔軟に受験したいと言う。(ごもっとも)

英検 S-CBT専用窓口に質問!

細かいことだけど気になっていたことを英検S-CBT専用窓口に問い合わせてみた。

リスニングは一斉スタート!

英検S-CBTは、「スピーキング→リスニング→リーディング・ライティング」の順で問題を解いていく。

スピーキングテストが早く終わったら、

  • 全員のスピーキングテストが終わるのを待つのか?
  • 待たずに、それぞれリスニングテストへ進むのか?

英検S-CBT専用窓口の答えは、

スピーキングテストが終わると、メモを配布するなどの時間が設けられていて、一旦リセットされて、リスニングテストが始まる。

だから、誰かがスピーキングテストをやってる中で、リスニングテストが始まるといったことはないのだと。(ホッ)

リーディングとライティングは順不同で解答できる?

「英検」で、リーディングを少し解いた後、中盤でライティングを書いて、リーディングに戻って、最後にもう一度ライティングを仕上げると言うように、順不同で解答していくことができるか?

英検S-CBT専用窓口の答えは、

リーディングとライティングについては、リーディングとライティング間を行ったり来たりできるし、リーディングもリーディングの中で行ったり来たりできる。

順不同で解答できるとのことだ。

実際に「英検S-CBT: 体験版」で、順不同で解答できることを体験できる。

お試し受験が重要

「英検」と「英検S-CBT」について色々語ってきたけど、もし入試での活用を考えているなら、どちらを受験するにしても、いきなりぶっつけ本番で試験を受けるんじゃなくて、お試し受験をしておくことが重要。

理由1

英検と英検S-CBT、どっちが自分に合ってるかを知るため

どっちの英検を受ける?」で解説したように、英検と英検S-CBT、どっちが自分に合ってるか、子どもによって感じ方はイロイロ。

早めに受験して、知っておくことが何よりも大事。

理由2

試験本番では、思ってもみないコトが起きるから

教室内で過去問題を解けば、余裕で合格点に達する子も、本番の試験では力を出せなくて不合格になるケースが、しばしばある。

その理由はさまざま、音飛びがあって動揺したり慌てたり、周りの空気に圧倒されて緊張したり焦ったり、いつもと違う解き方をしてしまったり。

英検の本番では色んなコトが起きるんです。

どんなことが起きるのか、事前に体験して理解しておくことが、とても助けになるんだよ。

追記予定

  • 大阪府高を目指す受験生たちへ
  • 結局、どっちがいいの?